【夢】やっぱラクして楽しく暮らしたい。。。

旧ブログ(http://kazu.livedoor.biz)から2016/7に移行してきました!JAL JGC修行・ANA SFC修行・マイル修行完了!今年はホテル修行中! マイルのため方、特典航空券の使い方、SFC修行・JGC修行・マイル修行、携帯乞食、ホテル修行、クレジットカード、ポイント等を中心に書いていきたいと思います。

ANA国際線特典航空券を発券

今年は正月にまとまったやすみが取れなかったので、とりあえず3泊4日で北京に行く事にしました。

経緯は
http://kazu.livedoor.biz/archives/50761123.html
にも書いてます。


続きを読む前にワンクリックお願いします。
↓↓↓
ブログランキング ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ まず、単純に北京へ行くために特典航空券の空席待ち予約を入れていましたが、難なく往復とも空席ゲットです。

しかし、単純往復
 NRT/PEK
 PEK/NRT
をANA特典航空券で予約すると20,000マイルが必要となります。

これじゃーちょっともったいない(?)と、いうことで、今回もいろいろと工夫してみました。
結論から言うと、以下のような2組の特典航空券を予約・発券してしまいました。

①ANA国際線特典航空券 20,000マイル
 PEK/oNRT
 NRT/xTAK/xOKA/xFUK/oITM
 KIX/HKG

②ANA国際線特典航空券 17,500マイル
 NRT/oPEK
 ICN/xNGO/xCTS/xWKJ/HND

①のポイントとしては、海外発の特典航空券では日本国内で1回ストップオーバーが可能であることを利用し、羽田から高松・沖縄・福岡・大阪という国内旅行を1回分付け加えています。また、同じ国内であれば出発地と到着地の空港が異なってもかまわないので、最後の1区間は香港行きにしています。(香港からの帰りについては既に持っているHKG/KIX/HNDというJALの特典航空券を利用する予定です。(または再度香港発券しちゃってもいいですし)

②のポイントとしては、往路は北京(中国)、復路は韓国という旅程にすることにより、トータルマイル数を抑えています。場合によっては復路は放棄する可能性もあるので、できるだけ必要マイル数を抑える為です。中国までは往復20,000マイル、韓国までは往復15,000マイルが必要なのですが、上記のような旅程にすることにより、
(20,000/2) + (15,000/2) = 17,500マイル
で発券することが可能になります。
一応、復路は国内線に適当に切り込んで置きました(^^;

ということで、とりあえずは①と②の1区間目を使用することで、成田-北京の往復が可能となります。正月は北京ダックでも食べて万里の長城にでも行ってくるつもりです(^^)


お読み頂きありがとうございます。是非クリックお願いします。
↓↓↓
人気Blog ランキング
BLOGRANK

PVアクセスランキング にほんブログ村